« 会津若松美容室ヘアスタイル 田辺大橋、耐震化に着手 災害時の物資輸送路に | トップページ

2012年8月 8日 (水)

会津若松美容室ヘアスタイル 専業主婦は働き女子の敵?

こんにちは、福沢恵子です。今回と次回は、専業主婦などをはじめとする「立場のちがう人々」とのお付き合いについて考えてみたいと思います。

●専業主婦は時間にルーズ?●


 働き女子の“対極”にある存在といったら、やはり専業主婦(もしくは専業ママ)でしょう。

 実際は専業主婦であっても家事労働をしている限り「働く」という点では一般の働き女子と同じなのですが、一番の違いは「その仕事に対価が発生するかどうか」だと思います。

 「専業主婦は、自分の時間がタダだから、相手の時間もタダだと思っている」

 これは、専業主婦を叩こうとする人たちがよく使う表現です。たしかに専業主婦の中にはいきなり電話をかけてきて延々と相手を拘束する人もいて、これはちょっと困ります(しかも、実のところ大して興味がない話題だったり…)。就業経験があるかないかで時間の概念はずいぶん違うものだなと思います。

 働いた経験のある人は、自分のために相手の時間を使わせてもらっていることにもっと意識的です。少なくとも「今よろしいですか?」とあらかじめ尋ねてから話し始めるでしょうし、相談相手がその道の専門家であれば、もしかしたら相談にかかる費用を負担することも提案してくるかもしれません。

 もし、時間の観念のない相手から話しかけられたらどうするか? 相手が自分の時間を際限なく奪って行きそうだったら「今なら15分くらいだったら時間があります。でも、その後は予定があるのでまた別の機会に」とはっきり言いましょう。最初から拒絶をすると波風が立ちますから、とりあえず話は聞く。けれど、できる範囲を具体的に設定して、それ以外はむずかしいと先手を打つのです。そして、もちろん「別の機会」はなくたっていいのです。

 「仕事の経験が乏しい人は、否定だけして、代替案を出してこない」

 これもよく聞く話です。例えばママ友同士で食事に行くことが決まって、幹事がエスニック料理店を予約しようとすると、ある人が「私、辛いものはダメなの」と言い放つ。辛いものがダメなのは仕方ないのでNGの意思表示をするのはいいですが、そうした場合は代案を用意するのが礼儀でしょう。

 この場合「辛いものが苦手なので、エスニックじゃないほうがうれしいです。その店の近くに新しくオープンしたスペイン料理店があるんですけど、どうですか?」などが正しい対応といえるでしょう。相手がこのような対応をせずに「○○はイヤ!」というような「言いっぱなし」をしたら「それならどこかお勧めの場所を教えていただけますか?」と返してもいいでしょう。

●“仮面専業主婦”を見極めよう●

 働き女子の中には専業主婦を目の敵にするような人もいます。「夫に働かせて自分は優雅にホテルでランチ。信じられない!」という小さなイライラから、「どうして私がイヤな上司の妻の年金の掛け金を払ってやらなくちゃいけないの?!」という社会制度に対する疑問や怒りまで、その理由は幅広いものがあります(ちなみに現行の年金のシステムでは、サラリーマンの専業主婦の妻は国民年金の「第三号被保険者」となり、掛け金を払わなくても老齢基礎年金がもらえます。これは妻に扶養されている「主夫」もその対象になりますが、現実にその立場にある人は圧倒的に女性が多いです)

 しかし、ひと口に「専業主婦」と言っても、ひと皮剥けばそこには多様な素顔があるものなので、一概に「専業主婦は甘い」などと決めつけていると損をするかもしれません。

 「専業主婦」はゴムのように伸び縮みする、非常にトリッキーな存在です。

 というのも、専業主婦は現時点の仮の姿にすぎず、実はずっと大手企業のバリバリの営業ウーマンで、夫の転勤についてアメリカで2年ほど暮らして帰国したばかりだったり、単に育児休暇中だったりするからです。もちろん一方で、「賃労働しなきゃならないなんて考えられな~い。私は家事や育児だけしていれば満足よ(ハート)」という人も確かにいますけれど、それは個人の価値観というものです。

 以前に、負けない組としては、「経済的な備え」「精神的な備え」「人的な備え」が必要だとこの連載で書きました(最低限の“疑似ビンボー生活”いくら必要?)。あなたとは「立場の違う人」として出会う相手も、広い意味では「人的な備え」になるかもしれません。「専業主婦」をひと括りにするなかれ、です。

 今はたまたま仕事をしていないけれど過去には輝かしいキャリアの持ち主だった、なんていうことも実際にあるものです。目の前の相手の「属性」だけにとらわれず、先入観なしに話してみることをお勧めします。もしかしたら、相手は自分の日常的な人脈では出会えないようなセレブ(!)かもしれません。

 働き女子の皆さんが立場の違う女性(専業主婦や専業ママなど)とコミュニケーションを取る時には、配偶者や家族のことよりも「その人個人」に関連した質問をすることがポイントです。「ご趣味は何ですか?」とか「何かボランティアなどの活動に参加されていますか?」などもあるでしょう。その他には、相手に何か素敵なところがあれば(メイクでもヘアスタイルでも服装でも)それを褒めるということも会話のきっかけになりますね。
ホームページ制作

« 会津若松美容室ヘアスタイル 田辺大橋、耐震化に着手 災害時の物資輸送路に | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1479408/46622484

この記事へのトラックバック一覧です: 会津若松美容室ヘアスタイル 専業主婦は働き女子の敵?:

« 会津若松美容室ヘアスタイル 田辺大橋、耐震化に着手 災害時の物資輸送路に | トップページ

無料ブログはココログ